利息の払い過ぎと返還請求

スーツ

借り入れの年利率の上限は法律で定められていますが、上限を超える部分を過払い金と言います。過払い金は金融業者に対して返還請求ができます。その場合は、借りた本人が行なうよりも、弁護士等の専門家に委託する方が賢明です。例えば、金融業者の拠点が大阪であれば、大阪を良く知る弁護士等に委託することが適切です。

もっと読む

過払い金請求をするなら

法律書

近年の司法判断で、借金返済で過払い金が発生していた方が多いことが明らかになりました。しかし、個人で過払い金の払い戻しを金融機関に請求するのは難しいため、大阪の司法書士事務所に相談することが大切です。

もっと読む

相続税の増税が起因です

男性

相続税の増税によって税理士に相続対策を相談する人が増加しています。相続税の納税資金を生命保険で確保したい人が多いのは、相続財産の多くが土地である人が多いからです。高齢になっては生命保険に加入できないので、早めに加入する必要があります。

もっと読む

家族を守る為に

女性

準備していないともめる

相続について家族で話し合うことには抵抗があるという人もいますが、いざ遺産分割協議をする時にどのくらい財産があるかわからず困ったり、どう分けるかでもめたりすることは少なくありません。特に最近は遺産分割でもめることが増えており、家庭裁判所に調停を申し込む事例も増えてきました。遺産分割協議をきっかけに家族仲が悪くなったり絶縁状態になることもあります。また遺産分割協議で全員の合意が得られないと遺産を使うことができません。相続税は被相続人が亡くなってから10ヵ月以内に現金で支払う必要があり、協議が長引くと自分の財産を使って相続税を納めるようになります。このようなもめごとを起こさないためには、遺言書を残しておくことが最も良い方法です。

スムーズに解決

遺言書には財産の全てを記入しておくと共に、誰に何を相続させるかも書いておくことができます。話し合いの必要がないので、スムーズに遺産分割協議を終えることができます。大切なのは家庭裁判所で認めてもらえる遺言書を残しておくことです。認められないと遺言書がないのと同じ状態になります。法的に正しい遺言書を書くためには弁護士に相談すると良いでしょう。書き方の他に、公平に財産を分ける方法や法定相続人以外にも相続させる方法などもわかります。また弁護士には遺言書の保管や執行を依頼することもできるので、遺言通り財産を分けることができます。相続でもめてしまった場合でも弁護士に相談すると早く解決します。家族で話し合うと感情的になり長引きますが、法律に詳しい第三者である弁護士が介入することで公平性が生まれスムーズに解決できます。